tiffany0913のブログ

イギリスや海外での一コマを皆さんに紹介します。 写真は残念ですが掲載できません。 更新は毎週土曜日の予定です!

海外で気をつけること

日本は本当に安全な国で 落としたお財布だって 近くの交番に届いているし 

少し前には自宅にカギもかける必要がなかった時代があった事を皆さんは知っていますか?

それがだんだん 自宅にカギをかけないといけなくなり 安全性が少なくなって来たのは心配ですけど...

 

海外に行く時には 日本の人達は絶対に もっと気を付けないといけないです

 

驚くべきは スイスのローザンヌでの出来事です!

日本からの観光客の人たちが 日本にいる時にする様に 自分達の荷物を1箇所に集めて 全員トイレに行ってしまって 誰も荷物を見張っていないのです!

 

それはダメだよ!

 

いくらホテル内だからといっても あぶないですよ

それで わたしはその人たちがトイレから 帰ってくるまで 荷物の見張りをしました

その時 ちょど帰って来たツアーコンダクターが「荷物を置いていってはいけないです」とあとからルアー参加者達に言っていました

でもコレは予め注意しておくべきことですよ コンダクターさん!

 

イタリアでは いっしょの飛行機で移動する筈だった人が 電話をしてかけている間にパシポートをバッグごと盗まれ 飛行機には乗れず 手続きのためにそのままローマに残りました

電話をかけるときに ちょっとカバンとか持物を前にも置くことありますよね

それで 電話をするために自分の前においた鞄を持っていかれたのです!

それも自分の目の前でですよ!

日本では考えられないのですが... :-O

 

ローマでは 目の前のものも 当たり前に盗まれます

盗まれると言うか 一瞬で取られます

 

人ごみの中はもっと危険ですよ

ケガを負わされると言うのではく いつの間にか盗まれるのですよ!

 

なので バックパックといえど人混みでは 背中ではなく自分の前(おなか側)でバックパックをかける様にしています

 

幸いな事に (というか たぶん私が用心深いので)盗まれたりしたことはありません

注意をしていれば 取られることは無いです

 

フランスの観光地や地下鉄の中 またはローマのテルミナ液では 未だジプシーがいて

とても注意しないといけないです

(これは人種偏見では決して...ないです!)

 

日本では「ジプシー」と言う言葉自体も聞くことは無いのですが 地元の人でも注意しています

 

観光地では わけもなくしつこく話しかけて来たり 時には数人で新聞とかで覆って かばんとかを盗みに来ます

見た目で「ジプシー」は分かります

ヨーロッパに旅行に行かれる前には YouTubeとかで「ジプシー」の外見を観ておくといいのではないかと思います

 

私達がヴェルサイユ宮殿を観光中 (ヴェルサイユの広い庭の一つで)ジプシーの子供たちに出会ってしまいました

その時は ジプシーの子供達が新聞を持っていて その新聞を観光客に押し付けて その間に他の子供たちがお財布を盗むと言うのが 結構あって ...

おまけにその子供たちが新聞を持っていたので わたし達は全速力で逃げました

人ごみでは走ってはいけない ...と言うか 走るのはおかしいのですが その時は しっかり走りました!

 

笑ってしまうのは 用心しすぎて メトロ(地下鉄)の中でも 必要も無く走って逃げた事です (笑い)

でも 知らない場所では 気をつけるに越したことはありませんよ!