tiffany0913のブログ

イギリスや海外での一コマを皆さんに紹介します。 写真は残念ですが掲載できません。 更新は毎週土曜日の予定です!

スイス 「遅い」の日本語が

スイスのどの街だったのか忘れてしまいましたが 「音」に関するおもしろい出来事がありました

 

言葉で結構似たもののありますよね

例えば...

 

わたしがよく間違うのは 日本語で 「そうかもね」は いつも 英語の "curcumstaces" とまちがえます!

また スペイン語の "de nada" は 日本語で「でなんだ」と聞こえます!

音って不思議だと思うことは 多いと思うのですが

 

スイスの話の戻りますと...

 

まあまあ狭い道で 歩いたいたところ 前に3人組の外国の人達(いやいや スイスなのだから 自分のほうがむしろ「外国人』なのですが)がいて その人たちがゆったりと歩いているんです!

(多分 ヨーロッパ人よりは確実にせっかちな)日本人の私達は ちょっとイライラ,,,

それで 「歩くのがおっそーい」と 私は日本語で(ちょっと大きな)声で言いました!

 

すすすすすると...

前を歩く3人組が パッと道の端により 私たちを通してくれたのです!

「この失礼な日本語がわかってしまったのだ』と一瞬 反省しました

外国にいって 失礼な日本語を言って それが分かってしまうって すごく恥ずかしいことだと もう本当に 「穴があったら 入りたい」気分でした!

 

でも どう考えても 絶対におかしい! 

日本語が理解できたわけがない!

 

んんんんん...そして気づいたのが "sorry" と聞こえてしまった説!!!

 

そうだったんだ!

日本語の「遅い」が 英語の"Oh sorry"と 聞こえてしまったんですね!

 

「良かった〜!」

これいらい いつなんどき 失礼な言葉が理解されるかもしれないので こうした発言は極力避ける事にしました!

 

でも ときには大人しい日本人は 日本語でもいいので どなって怒っている意思を閉める必要があると感じるんですけどね ...

 

でも みなさん 外国では 私たちは日本の国旗をしょっているんです!

ですから 「旅の恥はかき捨て』はいけないですよ

次に来る 日本人のために 頑張りましょう :-)